FC2ブログ
釜石シネクラブ第33回上映会「人生フルーツ」@中妻公民館
320 (3)

釜石シネクラブ11月上映会 

『人生フルーツ』(2016年、日本)
監督:伏原健之
ナレーション:樹木希林

●11月30日(金) 19:00~(上映時間:91分)
●中妻公民館(中妻地区生活応援センター内)
●料金:無料 ※どなたでも鑑賞できます。コーヒーなどをご用意してお待ちしております!

●お問い合わせ先 
080-1823-1571(平松/釜石シネクラブ) suiminsha@gmail.com

主催:釜石シネクラブ(上映担当:みやこ映画生活協同組合)
共催:認定特定非営利活動法人カリタス釜石、みやこ映画生活協同組合
後援:社会福祉法人釜石市社会福祉協議会
協力:三陸みらいシネマパートナーズ 
[2018/11/19 13:32] | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
シネマ・デ・アエル マンスリーセレクト11月チャン・イーモウ監督「妻への家路」
ci_01.jpg
©2014,Le Vision Pictures Co.,Ltd

シネマ・デ・アエル マンスリーセレクト11月
「妻への家路」 2014年/中国
文化大革命で引き裂かれた夫婦が20年ぶりに再会する。が、妻は積年の心労で夫の記憶を失っていた。。。
この世で最も切なく、最も高貴な”愛”の物語が綴られる。
監督:チャン・イーモウ
出演:コン・リー、チェン・ダオミン
配給:ギャガ
http://cominghome.gaga.ne.jp/

●11月24日(土) ①10:30 ②13:30 ③16:00 (上映時間110分)
●会場:シネマ・デ・アエル(東屋さん蔵) 定員40名
●料金:1200円 ※中学生以下無料

●お問合せ:シネマ・デ・アエル プロジェクト
cinema.de.aeru@gmail.com

主催:シネマ・デ・アエル プロジェクト
共催:文化なしごと人コンソーシアム、三陸みらいシネマパートナーズ、みやこ映画生活協同組合
後援:宮古市、宮古市教育委員会
助成:公益財団法人カメイ社会教育振興財団
[2018/11/19 13:25] | シネマ・デ・アエル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
シネマ・デ・アエル ドキュメンタリーセレクト「0円キッチン」
51iErMMgt.jpg
©Mischief Films

シネマ・デ・アエル ドキュメンタリーセレクト Season2「食の力」
「0円キッチン」2015年/オーストリア
配給:ユナイテッドピープル
http://unitedpeople.jp/wastecooking/

●11月23日(祝金) ①10:30 ②13:30 ③16:00 (上映時間81分)
●会場:シネマ・デ・アエル(東屋さん蔵) 定員40名
●料金:1回券1200円 3回券3000円※3回券は3人で同一作品の鑑賞も可

●お問合せ:シネマ・デ・アエル プロジェクト
cinema.de.aeru@gmail.com

主催:シネマ・デ・アエル プロジェクト
共催:文化なしごと人コンソーシアム、三陸みらいシネマパートナーズ、みやこ映画生活協同組合
後援:宮古市、宮古市教育委員会
助成:公益財団法人カメイ社会教育振興財団
[2018/11/19 13:13] | シネマ・デ・アエル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
11/29(木)「草を刈る娘」上映会@栃ヶ沢公営住宅集会所
1961kusawokarumusume_31-thumb-450x327-3313.jpg
©日活株式会社

【栃ヶ沢交流映画会&お茶っこ会】
●日時:11/29(木)10:00~
●場所:陸前高田市 栃ヶ沢公営住宅集会所
●参加料:無料  30席 ※どなたでも参加できます。
●上映作品:「草を刈る娘」上映会&お茶っこ会

【草を刈る娘】
1961年(昭和36年)※57年前
日活製作・配給(86分)
監督:西河克巳
原作:石原洋次郎 
出演:吉永小百合、浜田光夫、平田大三郎、菅井きん、清川虹子、大坂志郎
(解説)石坂洋次郎の原作を、吉永小百合と浜田光夫共演で映画化。津軽平野に秋が訪れると組織される草刈り隊。別々の部隊にいたモヨ子と時蔵は出会い、結ばれていく。だが東京から帰ってきた一郎がモヨ子に接近し…。

★1961年(昭和36年)ってこんな年でした ●出来事:日活スター赤木圭一郎事故死。横浜マリンタワー開業。名張毒ぶどう酒事件発生。NHK朝の連続テレビ小説放送開始、第1作は『娘と私』。人類初の有人衛星地球一周に成功。柏戸(第47代)、大鵬(第48代)が同時に横綱昇進 ●ヒット曲:「君恋し」フランク永井、「東京ドドンパ娘」渡辺マリ、「王将」村田英雄、「上を向いて歩こう」坂本九 ●ヒット映画:「椿三十郎」「あいつと私」「用心棒」「宮本武蔵」「銀座の恋の物語」「荒野の七人」「ウェストサイド物語」「ナバロンの要塞」「スパルタカス」「風と共に去りぬ」

映画上映の前後にはお茶っこサロン&上映会企画ワークショップを開催!映画の感想や昔の映画館の思い出などお茶やお菓子を食べながら、お話ししたり、次回の上映作品の企画をみんなでたてましょう!

平成30年度 被災者の参画による心の復興事業 みんなでつくる交流映画会事業
事業実施主体:みやこ映画生活協同組合
作品提供:ムービーマネジメントカンパニー(日活株式会社) 
協力:陸前高田市社会福祉協議会

[2018/11/19 12:59] | 2018年度 みんなでつくる交流映画会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
11/28(水)「幕末太陽傳」上映会@中田公営住宅集会所
main_201811191251375a4.jpg
©日活株式会社

【中田交流映画会&お茶っこ会】
●日時:11/28(水)14:00~
●場所:陸前高田市 中田公営住宅集会所
●参加料:無料  30席 ※どなたでも参加できます。
●上映作品:「幕末太陽傳」上映会&お茶っこ会

【幕末太陽傳】
1957年(昭和32年)※61年前
日活製作・配給(110分)
監督:川島雄三 
出演:フランキー堺、南田洋子、左幸子、石原裕次郎、小林旭、二谷英明、岡田眞澄、芦川いずみ、他
(解説)明治維新まであと5年という幕末の日々。品川の遊郭で大判振るまいの佐平次(フランキー堺)は実は一文なしで、居残りとなって腰を落ち着けることに。もう一組の居残り組は高杉晋作(石原裕次郎)をはじめとする勤王の志士たち。佐平次は彼らと仲良くなり、やがては廓(くるわ)の人気者になっていくが…。

★1957年(昭和32年)ってこんな年でした ●出来事:日本の南極越冬隊が南極大陸初上陸。岸信介内閣が成立。ロッテが「グリーンガム」を発売。コカ・コーラ、日本での販売を開始。諫早豪雨(死者・行方不明992名)。ダイエー第1号店が開店。初の五千円紙幣(聖徳太子の肖像)発行。百円硬貨発行。●ヒット曲:「喜びも悲しみも幾歳月」若山彰、「俺は待ってるぜ」石原裕次郎、「東京だよおっかさん」島倉千代子、「港町十三番地」美空ひばり、「船方さんよ」三波春夫 ●ヒット映画:「明治天皇と日露大戦争」「喜びも悲しみも幾歳月」「嵐を呼ぶ男」「戦場にかける橋」「OK牧場の決闘」

映画上映の前後にはお茶っこサロン&上映会企画ワークショップを開催!映画の感想や昔の映画館の思い出などお茶やお菓子を食べながら、お話ししたり、次回の上映作品の企画をみんなでたてましょう!

平成30年度 被災者の参画による心の復興事業 みんなでつくる交流映画会事業
事業実施主体:みやこ映画生活協同組合
作品提供:ムービーマネジメントカンパニー(日活株式会社) 
協力:陸前高田市社会福祉協議会

[2018/11/19 12:54] | 2018年度 みんなでつくる交流映画会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>