岩泉ドキュメンタリー映画上映会「風の波紋」
168180_02.jpg
(c)カサマフィルム

先月の「ふたりの桃源郷」「いただきます みそをつくるこどもたち」に続き、6月にも開催です!

岩泉ドキュメンタリー映画上映会
「風の波紋」

http://kazenohamon.com/
日時:2017年6月24日(土) ①10:20~12:00 ②13:30~15:10
場所:岩泉町民会館 大会議室
料金:500円

主催:つぴたあれいわいずみ実行委員会
後援:岩泉町、岩泉町教育委員会、スローフード岩手
お問合せ:つぴたあれいわいずみ実行委員会事務局 0194-22-2615
作品・上映に関してのお問合せ:070-5320-5274(上映担当:みやこ映画生協 櫛桁)
[2017/04/14 17:00] | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
シネマ・デ・アエル春の上映イベント 3/18(土)~19(日)
シネマ・デ・アエル春の上映イベント
日程:3/18(土)~19(日)
会場:東屋さん蔵(岩手県宮古市本町2−2 東屋駐車場内)


001_20170312115557fcc.jpg

☆タイムテーブル

3/18(土)10時よりOPEN!

○11:00津軽石「盛合家」秘蔵映像上映 ※参加無料
ゲスト:假屋 雄一郎氏(宮古市教育委員会 市史編さん室 室長)
久保田 均氏(津軽石「郷土史愛好会」主宰、津軽石公民館主事、 宮古市立図書館資料選定委員)
コーディネーター:坂本 英紀氏(特定非営利活動法人 20 世紀アーカイブ仙台理事長)

○13:00小池アミイゴさんワークショップ ※参加無料
長さ10mの巨大布に一斉に絵を描きます。出来上がった絵は蔵内に取付けます!
子ども達でも大丈夫です是非ご参加下さい。汚れても良い格好でお越し下さい。

○11:30シンポジウム「歴史と文化を活かした街づくり」 ※無料
ゲスト:内田 信平(岩手県立大学盛岡短期大学部生活科学科 准教授、建築家)、千葉 和廣(建築家、「内蔵の街」秋田県横手市増田でリーダーの 1 人)

○15:30ドキュメンタリー映画「みんなのアムステルダム国立美術館へ」 鑑賞料1000円
http://amsmuseum.jp/

○17:20シンポジウム「アートと文化のある街づくり」 ※無料
ゲスト:立木 祥一郎氏(合同会社 tecoLLC 代表)、小池アミイゴ氏(イラストレーター、画家)

○18:30ゲストを交えた交流会  ※会費2500円
蔵内での立食パーティです。参加申し込みはFaceBookイベントページで!
https://www.facebook.com/events/773160582850122/

3/19(日)10時よりOPEN!

○10:30津軽石「盛合家」秘蔵映像上映 ※参加無料
ゲスト:假屋 雄一郎氏(宮古市教育委員会 市史編さん室 室長)
久保田 均氏(津軽石「郷土史愛好会」主宰、津軽石公民館主事、 宮古市立図書館資料選定委員)
コーディネーター:坂本 英紀氏(特定非営利活動法人 20 世紀アーカイブ仙台理事長)

○13:00小池アミイゴさんミニトーク&ワークショップ ※無料

○14:00ドキュメンタリー映画「みんなのアムステルダム国立美術館へ」 鑑賞料1000円
http://amsmuseum.jp/


☆盛合家秘蔵映像の上映は、各上映プログラム・イベ ント開催時間以外の開設時間に、シアタースペースで自由にご覧いただけます。お気軽にご来場ください。

☆2日間とも11:00~16:00カフェOPENします!
オランダの名物菓子ストロープワッフルにコーヒー。そのほか実行委員会特製の「ほっこりスープ」も登場予定。

☆小池アミイゴ作品展「東日本」「絵本『とうだい』原画展」」 3/18(土)~26(日) 蔵ギャラリー※無料





minna_ams.jpg

ドキュメンタリー映画【みんなのアムステルダム国立美術館へ】(2014年公開 オランダ) 97分
解説:レンブラントの『夜警』やフェルメールの『牛乳を注ぐ女』など数々の傑作を所蔵するオランダを代表する美術館、アムステルダム国立美術館。2004年、2008年の再オープンを目指して創立以来となる全面改修が始まる。しかし、それは市民を巻き込んだ大騒動へと発展、計画の度重なる変更で工事は幾度も中断を余儀なくされ、もはや再オープンのメドすら立たなくなる。2008年、そんな改修工事の紆余曲折を追った「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」を手がけたウケ・ホーヘンダイク監督が、10年もの閉館を経て、ついに迎えた再オープンまでをも見届けた改修工事顛末記シリーズ第2弾にして完結編となるアート・ドキュメンタリー。
公式サイトhttp://amsmuseum.jp/




MG_0348.jpg
スペシャルゲスト
小池アミイゴさん
プロフィール
群馬県生まれ。長澤節主催のセツモードセミナーで絵と生き方を学ぶ。フリーのイラストレーターとして1988年から活動スタート。
書籍や雑誌、広告等の仕事に加え、クラムボンのアートワークなど音楽家との仕事多数。1990年代はいくつかのバンドで鍵盤をシバキ倒し、DJとしてもCLUB活動。1996年より音楽と唄のための時間“OurSongs”をスタート。デビュー前夜のクラムボンやハナレグミなど多くの表現者の実験場として機能。2000年以降は大阪や福岡や沖縄を始め日本各地を巡り、地方発信のムーブメントをサポート。より小さな場所で唄を手渡すようなLIVEイベントや絵のワークショップを重ねる。<東京イラストレーターズソサエティ (TIS) より>
http://www.yakuin-records.com/amigos/
http://www.tis-home.com/amigos-koike




主催:ほっこりみやこ実行委員会
共催:文化なしごと人コンソーシアム、三陸みらいシネマパートナーズ
協力:みやこ映画生協
後援:宮古市、宮古市教育委員会

宮古の新しいコミュニティシアター「シネマ・デ・アエル」は市民有志による実行委員会が中心となし。地域の歴史的資源である「東屋」さんの施設を活用した。文化交流拠点づくりの一環として企画・運営しています。

開場は暖房を設置しておりますが寒いと思われます。温かい格好でお越し下さい!

[2017/03/12 11:46] | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
シネマリーン春休み上映 3/24(金)~26(日)
youkai3konosekai.jpg

2017シネマリーン春休み上映
3/24(金)~26(日)

春休みの3日間限定で上映会を行います。
子ども達に人気の「妖怪ウォッチ」の映画第3弾!
そして、2/3~5シネマリーンで公開し大好評だった「この世界の片隅に」のアンコール上映の2本です!
ご来場お待ちしております。

【映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!】
http://www.eiga-yokai.jp/
①10:20 ②12:20 ③16:40
※入場者プレゼントあり!

【この世界の片隅に】アンコール上映
http://konosekai.jp/
①14:20 ②18:30

料金:一般1700円 学生・シニア1200円 中学生以下1000円
※映画生協組合員証ご提示で200円割引き

会場:シネマリーン1(85席) マリンコープDORA2F

[2017/02/21 10:14] | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
「この世界の片隅に」シネマリーン上映
320_20170105160921756.jpg

全国で大ヒット上映中!
「この世界の片隅に」
シネマリーン上映決定!

日時:2/3(金)~5(日) 3日間限定
①10:30 ②13:30 ③16:00 ④18:30

会場:シネマリーン1(85席) マリンコープDORA2F
(いわて生協様より特別に許可をいただき実施できるものです。)

通常当日料金:一般1700円 大高生1200円 シニア1200円 ジュニア1000
映画生協組合員証ご提示いただきますと200円割引き料金となります
☆組合員証ご提示料金:一般1500円 大高生1200円 シニア1000円 ジュニア800円

※料金設定が常設館の時と若干変わっておりますのでご注意下さい。
・組合員以外の方の鑑賞は+200円となります。必ず組合員証をご呈示下さい。
・シニアは60歳以上、ジュニアは3歳以上中学生以下です。
・シネマリーン常設館時代の有効期限内の招待券、HAL券、ポイント利用可能です。
・好評でした「夫婦50割」も夫婦どちらか50歳でシニア料金扱いで利用可能ですが組合員証のご呈示なければ+200円となりますので、ご注意下さい。

「この世界の片隅に」公式サイト
http://konosekai.jp/
[2017/01/05 16:28] | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
上映会支援 クラウドファンディング
14692109_1157429767671220_9098497950795820535_o.jpg

岩手発のクラウドファンディング いしわり
「懐かしの映画により、癒しと交流の場をつくり出したい!」
http://ishiwari.iwate.jp/pj/IswJ0549844

どうぞよろしくお願いします!
[2016/11/23 17:35] | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>