FC2ブログ
12月19日(火)「男はつらいよ 純情篇」@鍬ヶ崎公民館
junnjouhen.jpg
(C)1971松竹

【津軽石交流映画館】
日時:12/19(火)13:30~
●場所:鍬ヶ崎公民館 和室
●参加料:無料  30席
※どなたでも参加できます。
上映作品:「男はつらいよ 純情篇」&お茶っこ会
1971年(昭和46年) 松竹(90分)
監督:山田洋次
出演:渥美清、倍賞千恵子、森川信、三崎智恵子、前田吟、笠智衆、マドンナ若尾文子

<あらすじ>フーテンの寅こと車寅次郎は、冬の五島列島、福江島に来ていた。赤ん坊を連れた出戻りの絹代と、その父の千造との再会を目にした寅次郎は、故郷の柴又が無性に恋しくなってしまう。柴又のとらやに戻った寅次郎だったが、留守中に自分の部屋を誰かに貸していることを知り、カンカンになって家を出ようとした。しかし間借りしていた美人の夕子を見て、旅に出るのをやめてしまった。妹さくらの夫である博から、会社を辞めて独立したいと相談された寅次郎は、社長の梅太郎に話しに行くのだが…

映画上映の前後にはお茶っこサロン開催!映画の感想などお茶やお菓子を食べながら、お話ししませんか~

※お手伝いいただけるボランティアも募集しております。
※お茶っこサロンで提供するお菓子などのご支援も承っております。
よろしくお願いいたします。

平成29年度NPO等による復興支援事業補助金 みんなでつくるコミュニティシネマ事業
事業実施主体:みやこ映画生活協同組合
協力:宮古市社会福祉協議会
後援:宮古市、宮古市教育委員会、宮古市社会福祉協議会
作品提供:東京現像所プロモート事業部(松竹)
[2017/12/12 15:22] | 2017年度 みんなでつくるコミュニティシネマ事業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
12月11日(月)「幸福の黄色いハンカチ」@日の出町集会所
kiiroihankachi.jpg
(C)1977松竹

【日の出町交流映画館】
日時:12/11(月)13:30~
●場所:日の出町集会所
●参加料:無料  30席
※どなたでも参加できます。
上映作品:「幸福の黄色いハンカチ」&お茶っこ会
1977年(昭和52年) 松竹(108分)
監督:山田洋次
出演:高倉健、倍賞千恵子、武田鉄矢、桃井かおり、渥美清、他

<解説>刑期を終えた中年男が、行きずりの若いカップルとともに妻のもとへ向かう姿を描いた“健さん”主演のロード・ムービー。北海道網走。夢だった新車を買って北海道をドライブする欽也は、途中女の子をナンパし、ふたりで旅を続ける。ある時、ひょんなことから出所したばかりの中年男・勇作と出会い、旅をともにすることに。やがて、ふたりは勇作から“自分を待っていてくれるなら、家の前に黄色いハンカチを下げておいてくれ”と妻と約束したことを打ち明けられる……。あまりにも有名なラストは“あざとい”と感じながらも涙せずにはいられない感動作。

映画上映の前後にはお茶っこサロン開催!映画の感想などお茶やお菓子を食べながら、お話ししませんか~

※お手伝いいただけるボランティアも募集しております。
※お茶っこサロンで提供するお菓子などのご支援も承っております。
よろしくお願いいたします。

平成29年度NPO等による復興支援事業補助金 みんなでつくるコミュニティシネマ事業
事業実施主体:みやこ映画生活協同組合
協力:宮古市社会福祉協議会
後援:宮古市、宮古市教育委員会、宮古市社会福祉協議会
作品提供:東京現像所プロモート事業部(松竹)
[2017/12/01 15:11] | 2017年度 みんなでつくるコミュニティシネマ事業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
11月30日(木)「男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎」@日の出町集会所
atsumi_20171123111803156.jpg
(C)1983松竹

【日の出町交流映画館】
日時:11/30(木)13:30~
●場所:日の出町集会所
●参加料:無料  30席
※どなたでも参加できます。
上映作品:「男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎」&お茶っこ会
1983年(昭和58年) 松竹(105分)
監督:山田洋次
出演:渥美清、倍賞千恵子、竹下景子、松村達雄、中井貴一、杉田かおる、前田吟、笠智衆

<解説>車寅次郎の活躍を描いたシリーズ32作目。マドンナ役に竹下景子を迎え、出戻り娘と寅次郎との切ない交流を描く。脚本は山田洋次と朝間義隆の共同執筆。監督は山田洋次、撮影は高羽哲夫がそれぞれ担当。 妹さくらの夫・博の生家がある、岡山の備中高梁に立ち寄った寅次郎。博の父の三回忌のために墓参するが、そこで寺の娘・朋子と出会う。法要でやって来たさくら一家は、寺に居坐る寅次郎を見て驚愕する。朋子には写真家志望の弟・一道がおり、父親と対立していた。和尚と朋子が養子を迎えるという相談を耳にした寅次郎は、柴又に戻り「仏門に入る」と宣言、修行を開始。そんな寅次郎の元に、一道とその恋人・ひろみが訪ねてくるのだが…。

映画上映の前後にはお茶っこサロン開催!映画の感想などお茶やお菓子を食べながら、お話ししませんか~

※お手伝いいただけるボランティアも募集しております。
※お茶っこサロンで提供するお菓子などのご支援も承っております。
よろしくお願いいたします。

平成29年度NPO等による復興支援事業補助金 みんなでつくるコミュニティシネマ事業
事業実施主体:みやこ映画生活協同組合
協力:宮古市社会福祉協議会
後援:宮古市、宮古市教育委員会、宮古市社会福祉協議会
作品提供:東京現像所プロモート事業部(松竹)
[2017/11/21 11:24] | 2017年度 みんなでつくるコミュニティシネマ事業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
11月28日(火)「もういちど」@本町災害公営住宅集会所
Hismastersvoice_20171123111805227.jpg
(C)2014「もういちど」製作委員会

【映画上映&お茶っこ会】
日時:11/28(火)13:30~
●場所:本町公営住宅集会所
●参加料:無料  30席
※どなたでも参加できます。
上映作品「もういちど」&今度の上映会を企画しようワークショップ
2014年年8月公開 
企画:林家たい平 監督:板屋宏幸 
出演:林家たい平、富田靖子、ゴリ、福崎那由、渡辺正行、小倉久寛、他
笑いと涙と人情がいっぱい詰まった、ちょいと いい噺。
<解説>人気落語家・林家たい平の企画・主演で贈る人情時代劇ドラマ。監督はミュージックビデオ界で活躍する板屋宏幸。とある事情から噺家修業をあきらめ、深川の長屋に流れ着いた男、たい平。ひょんなことから長屋の少年・貞吉に落語を教えるハメに。奉公先でイジメに遭い、心を閉ざしていた貞吉だったが、憧れだった噺家への道を踏み出し元気を取り戻していく。一方、最初は嫌々だったたい平も、貞吉の一生懸命な姿に次第に心を動かされていくが…。

映画上映の前後にはお茶っこサロン開催!映画の感想などお茶やお菓子を食べながら、お話ししませんか~。そして次の上映作品をみんなで決めましょう。

※お手伝いいただけるボランティアも募集しております。
※お茶っこサロンで提供するお菓子などのご支援も承っております。
よろしくお願いいたします。

平成29年度NPO等による復興支援事業補助金 みんなでつくるコミュニティシネマ事業
事業実施主体:みやこ映画生活協同組合
協力:宮古市社会福祉協議会
後援:宮古市、宮古市教育委員会、宮古市社会福祉協議会
作品提供:ムービーマネージメントカンパニー
[2017/11/20 11:19] | 2017年度 みんなでつくるコミュニティシネマ事業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
11月17日(金)「虹をつかむ男」@鍬ヶ崎公民館
5155NAA3M6L.jpg
© 1996 松竹株式会社

【映画上映&お茶っこ会】
日時:11/17(金)13:30~
●場所:鍬ヶ崎公民館
●参加料:無料  50席
※どなたでも参加できます。
上映作品「虹をつかむ男」&今度の上映会を企画しようワークショップ
1996年12月公開 松竹作品 
監督・脚本・原作:山田洋次 
出演:西田敏行、吉岡秀隆、田中邦衛、田中裕子、倍賞千恵子、前田吟

解説:渥美清の急逝により惜しまれつつも終了した「男はつらいよ」に変わって松竹が新たな看板シリーズを期して製作した作品。情熱的な映画館主とその仲間の姿を、山田洋次監督が描く人情ドラマ。主演は「釣りバカ日誌」の西田敏行。職もなく、親とケンカして家を出た平山亮は、旅の末、徳島の小さな町に辿り着く。亮はそこで無類の映画好き白銀活男が経営する古ぼけたオデオン座という映画館でアルバイトとして働き始める。活男は幼馴染みの未亡人・八重子に惚れていたが、それを口にすることはなかった。そんな活男を亮は叱咤するのだったが……<allcinema>

映画上映の前後にはお茶っこサロン開催!映画の感想などお茶やお菓子を食べながら、お話ししませんか~。そして次の上映作品をみんなで決めましょう。

※お手伝いいただけるボランティアも募集しております。
※お茶っこサロンで提供するお菓子などのご支援も承っております。
よろしくお願いいたします。

平成29年度NPO等による復興支援事業補助金 みんなでつくるコミュニティシネマ事業
事業実施主体:みやこ映画生活協同組合
協力:宮古市社会福祉協議会
後援:宮古市、宮古市教育委員会、宮古市社会福祉協議会
作品提供:東京現像所(松竹)
[2017/11/14 13:05] | 2017年度 みんなでつくるコミュニティシネマ事業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>