FC2ブログ
シネマ・デ・アエル7月マンスリー 『世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方』
シネマ・デ・アエル7月マンスリーは、ドイツ発のウルトラハッピーな超傑作キッズムービー! 
『世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方』です。お楽しみに!

640_20200616123841461.jpg

『世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方』(83分)
■日程:7月10日(金)、11日(土)
■時間:10(金)①19:00(字幕版) 11(土)②10:30(吹替版)、③14:00(字幕版)
※吹替版はぜひお子さんと一緒にどうぞ!
■場所:シネマ・デ・アエル(本町2の2、東屋駐車場の蔵)※20席制限
■入場料:1200円(中学生以下は無料)

61731.jpg

●解説:スクリーンせましと全速力で駆けまわり、歌い、踊り、笑う子どもたち。自由奔放で純真無垢、天真爛漫で大胆不敵。やんちゃでわんぱく、おしゃまでちゃっかり、そして切ないくらいにキュート。そのピュアでポジティブな魅力は、見る者すべての顔をほころばせ、心を踊らせ、元気を与えてくれます。これは、子どもたちだけが持つ、無限のエネルギーが炸裂する奇跡の“チビッコ・スペクタクル”! ここに、映画史上最高のキッズ・ムービーが誕生しました。
本作は、世界中で50以上の子供映画祭を席巻し、ルートヴィヒスハーフェン・ドイツ映画祭最優秀子供映画賞“金のニルス賞”、チューリッヒ映画祭最優秀子供映画賞、ベルファスト・シネマジック最優秀作品賞、マイケル・ムーア映画祭観客賞最優秀子ども映画賞など、数々の賞に輝いています。

サブ2

●ストーリー:大好きなおじいちゃんとおばあちゃんを老人ホームから救い出すため、幼稚園を脱走した6人の4歳児と1匹のアカハナグマ。その名も“ハナグマ・ギャング団”が次々と巻き起こす、奇想天外な作戦の数々に村の大人も、親たちも大騒ぎ。やがて天才アカハナグマのクアッチが、世界一フツーで退屈だった村をハッピーな楽園に変え、おじいちゃんとおばあちゃんを連れ戻す大発明を思いつきます。それは、“世界でいちばんのイチゴミルク”でした。

ⓒVeit Helmer Film-produktion
スポンサーサイト



[2020/06/16 12:47] | シネマ・デ・アエル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<いわてにエール!沿岸支援「山懐に抱かれて」リバイバル上映 | ホーム | 「どこかに美しい村はないか」上映会>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://cinemarine.blog45.fc2.com/tb.php/990-accda61c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |