FC2ブログ
シネマ・デ・アエル マンスリーセレクト「武蔵野」
1545960745_photo.jpg
© 映画『武蔵野』製作委員会

シネマ・デ・アエル マンスリーセレクト1月
【ドキュメンタリー映画『武蔵野』上映会&ゲストトーク】
1月12日(土) ①18:30
1月13日(日) ①10:30 ②13:30③16:00 

★スペシャルゲストトーク★
1月13日(日)
10:30の回 齋藤眞琴さん(森を考える会代表)
13:30の回 奥畑 充幸さん(タイマグラ フィールド・ノート)
16:00の回 工藤林太郎さん(岩泉純木家具有限会社)

《Introduction》
埼玉県南西部、武蔵野地域の農家たちの生活を 3 年間にわたり追ったドキュ メンタリー。江戸時代から 300 年以上続く循環型農業を継承する農家の暮ら し、「ヤマ」と呼ばれる雑木林の再生と活用に取り組む人々の活動を記録した。 平成 30 年公開。

《Story》
都心から 30 キロ圏内、武蔵野地域の 5 市町村にまたがる三富新田。ここでは、 約 360 年に渡り、自然の摂理を生かした循環型農業が行われている。 江戸時代、川越藩主は農民に対し、原野だったこの土地に雑木林と農地を 半々の割合で作ることを奨励した。この雑木林は「ヤマ」と呼ばれ、秋、ヤマで 集めた落ち葉は 1 年かけて堆肥となり、肥沃な土壌を形成する。剪定した樹木 を焼いた灰はカリウム分として土に還元される。この地の農業は、平成 29 年 に大都市圏で唯一、「日本農業遺産」に選定された。 川越市の若手農業継承者一家、伝統農法で茶とサツマイモの生産を行う三 芳町の農家、ヤマの保全を模索する所沢市の環境派農家の 3 家族の農家の暮 らし、ヤマの再生に取り組む森林管理ボランティアと、伐採された老木を家具 としてよみがえらせる工芸作家の一年を追った。

「武蔵野」公式サイト http://www.cinema-musashino.com/

⭐️ココが見どころ!!
  宮古のまちなかの蔵(江戸時代築)にて、月一回、セレクター推薦の様々な映 画を上映してきたシネマ・デ・アエル。2019 年新春の一作目は、農業ドキュメ ンタリーです。
  関東平野を覆う火山灰土の関東ローム層は、貧栄養のため農業には向かな い土壌でした。ところが江戸時代、そんな土地に木を植えて林を育て、長い年 月をかけて土を富ませる「開発」が行われました。
 それから約 250 年後の明治 時代に書かれた、国木田独歩の随筆『武蔵野』では、時を経て豊かに広がった雑 木林の美しさや、自然と共にある農家の暮らしへの憧れが、熱く語られています。昔の人が木々に託した未来の農業への想いを、今なお受け継いでいる人が いることを、心から誇りに思います。
 さて、この宮古市は漁業に限らず、多種多様な農業が営まれるまちです。し かし一年に一度しか巡って来ない季節の中で、農業という事業の難しさも想います。
 平成 28 年台風10号のときも、昨今の獣害についても、被害に遭った農家の大変な苦労を見聞きし、自分に何ができるのかと悩みました。  
 「武蔵野の農業が、300 年続いてきたのだから、300 年後も残ってほしい。そ の思いでこの映画を作りました。」という監督の言葉に心動かされて、私はこの作品を皆さんにお届けしたいです。
(プロジェクトメンバー工藤翠)

武蔵野
監督・撮影・編集:原村政樹 / プロデュー サー:鈴木敏夫/ 音楽:鈴木光男 / 演 奏:gaQdan 鈴木光男 / スチール:倉持正実 / 語 り:小林綾 子 / 2 0 1 8 年 / 日 本 / 111 分 / カラー
© 映画『武蔵野』製作委員会

●会場:シネマ・デ・アエル(宮古市本町2-2 東屋駐車場内「蔵」)
●料金:一般1200円(中学生以上無料)
●定員:各回40名
●主催:シネマ・デ・アエルプロジェクト
●共催:文化なしごと人コンソーシアム、三陸みらいシネマパートナーズ、みやこ映画生協
●後援:宮古市、宮古市教育委員会
スポンサーサイト
[2019/01/07 11:23] | シネマ・デ・アエル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<シネマリーン 1月上映「若おかみは小学生!」「日日是好日」 | ホーム | シネマリーン 1月上映「日日是好日」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://cinemarine.blog45.fc2.com/tb.php/941-2c5b92ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |