FC2ブログ
11/8(木)「二十四の瞳」上映会&昔を語る会@山田町中央団地集会所
film_syosai_img_23_01-thumb-730x480-1565.jpg
(C)松竹

【山田中央交流映画会&昔を語る会】
●日時:11/8(木)13:00~
●場所:山田町 中央公営住宅 集会所
●参加料:無料  30席 ※どなたでも参加できます。
●上映作品:「二十四の瞳」&お茶っこ会&昔を語る会

【二十四の瞳】
1954年(昭和29年)※62年前
松竹配給作品(156分)
監督:木下恵介  
出演:高峰秀子、天本英世、笠智衆
(作品解説)大石久子は昭和3年、新任教師として瀬戸内海にある小豆島の分校に赴任した。久子が受け持つことになった一年生は十二人で、みな澄んだ瞳をしていた。やがて久子は本校へ転任することになった。しかし貧しい村の教え子たちは、一人として望み通り進学することができなかった。戦争をはさんで島の分校に戻った久子は、そこでかつての教え子たちと再会する。(allcinema)

1954年(昭和29年)ってこんな年でした 
●出来事: 力道山プロレスブーム、マリリンモンロー来日、明治製菓が初めて缶入りジュースを販売、ヘップバーンスタイル流行 ●ベストセラー:「潮騒」三島由紀夫 ●ヒット曲:「ひばりのマドロスさん」美空ひばり、「真室川ブギ」林伊佐緒、「お富さん」春日八郎、「岸壁の母」菊地章子 ●ヒット映画:「君の名は 第3部」「七人の侍」「宮本武蔵」「ゴジラ」「忠臣蔵 花の巻・雪の巻」「ローマの休日」「グレンミラー物語」「麗しのサブリナ」「ロミオとジュリエット」「恐怖の報酬」「砂漠は生きている」

0012_20181106161734c59.jpg

同時開催【昔を語る会】
映画上映前に「昔を語る会」を行います。山田町の懐かしい映像や昔使っていた懐かしい道具を見て当時を語りましょう。

★13:00~13:30 「昔を語る会」
★13:30~16:00 「二十四の瞳」上映

平成30年度 被災者の参画による心の復興事業 みんなでつくる交流映画会事業
事業実施主体:みやこ映画生活協同組合
昔を語る会協力:NPO法人20世紀アーカイブ仙台
作品提供:東京現像所プロモート事業部(松竹株式会社) 
スポンサーサイト
[2018/11/02 16:19] | 2018年度 みんなでつくる交流映画会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<CINEPIT 11月上映「パパが遺した物語」 | ホーム | 11/9(金)「東京キッド」上映会&昔を語る会@和見町公営住宅集会所>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://cinemarine.blog45.fc2.com/tb.php/920-046a46b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |