7/25(月)鍬ヶ崎公民館「潮騒」上映会レポート
映像による心のケアと交流の場づくり事業が7月よりスタートとなりました。
これから月2~3回、宮古市内の仮設、災害公営、公共施設等で高齢者向けの上映会を実施していきます。
懐かしい映画による楽しい時間の共有という被災者の心のケアと新しい環境での生活に入っていく中での、交流の場を作って行きたいと思います。

page001_2017030815554231c.jpg
7月25日は宮古市内でも被害の大きい地域の一つ、鍬ヶ崎地区に新しく出来た公民館での開催です。

13735792_1095568173857380_6649464934050857745_o (1)

鍬ヶ崎公民館は災害公営住宅に隣接し、鍬ヶ崎小の仮設や近隣からも足を運びやすいところにあります。

13735588_1094828700597994_4206447533077499207_o_20170308145024db5.jpg

映画の上映前にはお茶っこタイム。いろんな話しに会話も弾んでいます。
上映作品の解説などしています。

13710532_1094828893931308_7508058504011082092_o.jpg

「潮騒」本編が始まる前には、岩手県広聴広報課よりお借りした、県政ニュース昭和39年をみんなで観ました。
当時の鍬ヶ崎地区の様子も映っていて、みんな興奮ぎみに「いや~懐かしい~」「あったあった!」、と当時の様子を話していました。

13735747_1094828753931322_4832637066143151431_o.jpg

本編上映開始、28名での鑑賞となりました。
この作品も県政ニュースと同じく、昭和39年公開(映画はカラーでしたが)作品。
当時、映画館で観た思いでなど語りながら、懐かしい俳優さんの登場に盛り上がっていました。
久しぶりに映画を観たととても喜んでもらえました。


平成28年度NPO等による復興支援事業補助金 映像による心のケアと交流の場づくり事業
事業実施主体:みやこ映画生活協同組合
協力:宮古市社会福祉協議会、田老福祉センター
スポンサーサイト
[2016/08/02 14:13] | 2016年度 映像による心のケアと交流の場づくり事業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<7/26(火)赤前仮設集会所「キューポラのある街」上映会レポート | ホーム | 上映時間案内 7/30(土)~8/5(金)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://cinemarine.blog45.fc2.com/tb.php/798-a13d322f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |