CINEPIT SEASON2 Vol.3「歓喜の歌」12/10
b0019140_14262913.jpg

B4BFB4EEA5B5A5D6.jpg
(C)2008「歓喜の歌」フィルムパートナーズ

CINEPIT 2016SEASON#2 Vol.3
きっとあなたの心に明りを灯す、笑いと涙の音楽喜劇
「歓喜の歌」(2008年日本・シネカノン 112分)
http://eiga.com/movie/53156/

日時:12/10(土)OPEN13:00 START13:30
料金:500円 ※ポップコーン&ドリンク付き
会場:チームスマイル・釜石PIT

<解説>人気落語家・立川志の輔の同名新作落語を映画化したハートフル音楽コメディ。大晦日の公営文化ホールでママさんコーラスのダブル・ブッキングが発覚したことから巻き起こる一大騒動をユーモラスに綴る。主演は小林薫、共演に6年ぶりのスクリーン復帰となる安田成美。監督は「バタアシ金魚」「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の松岡錠司。
 小さな地方都市、みたま町。町営のみたま文化会館に勤める飯塚主任はやる気ゼロの無責任公務員。年も押し迫った12月30日、私生活でもゴタゴタ続きの飯塚主任は、翌日のコンサート予約の確認の電話を受け、いい加減な受け答えをする。ところが、それを聞いていた部下の加藤が、“みたま町コーラスガールズ”と“みたまレディースコーラス”をダブル・ブッキングしていた事実に気づき青ざめる。両グループの予約が入った半年前から誰も気づかなかったのだ。そんな緊急事態にも“どうせオバサンたちの暇つぶしなんだから何とかなるだろう”と無責任な飯塚主任。ところが、セレブな奥さまたちの由緒ある“レディースコーラス”も、かたや結成1年半で初の発表会に燃える“コーラスガールズ”も一歩も引く気配をみせず…。 
監督:松岡錠司 出演:小林薫、安田成美、伊藤淳史、由紀さおり

主催:CINEPIT運営委員会(釜石まちづくり株式会社、一般社団法人チームスマイル、釜石市、釜石シネクラブ、みおやこ映画生協)
助成:文化庁
お問合せ:釜石まちづくり株式会社 TEL0193-22-3607
スポンサーサイト
[2016/12/08 15:07] | 巡回上映会活動・支援上映活動 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<釜石てっぱん映画祭アフター企画 シネキャラバン | ホーム | 懐かし無声映画「生まれてはみたけれど」活弁付き上映会@鍬ヶ崎公民館>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://cinemarine.blog45.fc2.com/tb.php/765-974df6c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |