fc2ブログ
シネマリーン2024春休み上映『SPY×FAMILY』『窓ぎわのトットちゃん』『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』
シネマリーン2024年春休み上映 
3/16(土)~31(日) 16日間 ※作品変更あり

002_20240215171816cafs_20240215172041fcb.jpg

『SPY×FAMILY CODE:White』3/16(土)~31(日)①10:30 ②14:40
『映画 窓ぎわのトットちゃん』3/16(土)~22(金)①12:20 ②16:40
『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』3/23(土)~31(日) ①12:20 ②16:40




2023072000009-0_202402151647599e7.jpg
(C)2023「劇場版 SPY×FAMILY」製作委員会 (C)遠藤達哉/集英社

『SPY×FAMILY CODE:White』
2023年製作/110分/G/日本
配給:東宝
公式サイト https://spy-family.net/codewhite/

3/16(土)~31(日) 16日間
①10:30 ②14:40





23110200007-0_2024021516475736a.jpg
(C)黒柳徹子/2023映画「窓ぎわのトットちゃん」製作委員会

『映画 窓ぎわのトットちゃん』
2023年製作/114分/G/日本
配給:東宝
公式サイト https://tottochan-movie.jp/

3/16(土)~22(金) 7日間
①12:20 ②16:40





23101900010-0_202402151648001ee.jpg
(C)2023「あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。」製作委員会

『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』
2023年製作/127分/G/日本
配給:松竹
公式サイト https://movies.shochiku.co.jp/ano-hana-movie/

3/23(土)~31(日) 9日間
①12:20 ②16:40





■入場料金(各作品ごと):一般1800円、シニア・学生1200円、中学生以下1000円
※みやこ映画生協組合員証ご呈示で上記金額から200円割引

■会場:DORAホール(旧シネマリーン) 76席 マリンコープDORA2F

■お問合せ:みやこ映画生協 TEL0193-64-5588(平日10:00~17:00)
上映期間中のご連絡は携帯 070-5320-5274まで



シネマリーン上映は新型コロナウィルスの感染拡大防止として以下の対策を行います。

●衛生管理として、以下の取組を行います
・館内の常時換気いたします(映画館は興行場法の換気基準をクリアした施設です)。
・手指アルコール消毒の設置しております。
・受付には仕切りを設け、従業員はマスクを着用しております。
・空気清浄機を設置し常時稼働いたします。

●ご来場者へのお願い
・窓口にお並びの際、入退場には密集しないよう前後の方と十分距離(最小1mできるだけ2m)をとって下さい。
・発熱、咳の症状がある方、健康に不安のある方の鑑賞はご遠慮下さい。
・鑑賞時は可能な限りマスクを着用いただき(任意です)、発声等を行わないようお願いします。
・館内は水分補給の「飲み物」のみ、食べ物は禁止とさせていただきます。
・入場時(再入場時も)の手指消毒をお願いします。

スポンサーサイト



[2024/02/15 16:56] | シネマリーン定期上映 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ありがとう直志さん『先祖になる』追悼上映 3/10(日)13:30~
ありがとう直志さん!
ドキュメンタリー映画『先祖になる』追悼上映

a10d52248a8b175b.jpg
©蓮ユニバース

■とき:3月10日(日)開場13:00 上映開始13:30
★上映後にはトークイベントもございます。

■ところ:陸前高田市コミュニティホール(シンガポールホール)330席
岩手県陸前高田市高田町栃ケ沢210

■料金:入場無料 ※予約・申込み等は不要です。

sub1_senzo_large.jpg

昨年の10月『先祖になる』の佐藤直志さんが亡くなられました。享年89でした。
力強くもチャーミングで、被災地に勇気と日本中を元気にしてくれた直志さんに、心から「ありがとう」を伝えたい

今回、映画の舞台でもある陸前高田市にて追悼上映を開催いたします。
上映後には「困難に立ち向かう 佐藤直志という生き方」と題して、池谷薫監督やご家族の方々、盟友の菅野剛さんと、復興に向けていち早く前を向いた直志さんの姿を振り返るトークイベントもございます。
入場無料となっております、どうぞ沢山の方のご来場をお待ちしております。



『先祖になる』 2012年製作/118分/日本 配給:蓮ユニバース
公式サイト https://senzoninaru.com/

イントロダクション:男の名は佐藤直志。岩手県陸前高田市で農林業を営み、仲間から“親分”と慕われている。彼の家は1000年に1度の大津波で壊され、消防団員の長男は波にのまれた。生きがいを失った男に何ができるのか? 直志はひとつの決断をくだす。元の場所に家を建て直そうというのだ。自分はきこりだ。山に入って木を伐ればいい。友人から田んぼを借り、田植えもしよう。仮設住宅には何があってもいかない―。
土地に根ざし、土地に生きる人々の行く末をおもう彼の強さと優しさは、少しずつ周囲を動かし、生きることの本質を問いかけていく。忍び寄る病魔、耐えがたい腰の痛み、遅々として進まない市の復興計画……。数々の障壁を乗り越えて、77歳の彼は夢をかなえることができるのか――。

場面④-scaled

ストーリー:男の名は佐藤直志。岩手県陸前高田市で農林業を営み、仲間から“親分”と慕われている。彼の家は1000年に1度の大津波で壊され、消防団員の長男は波にのまれた。生きがいを失った男に何ができるのか? 直志はひとつの決断をくだす。元の場所に家を建て直そうというのだ。自分はきこりだ。山に入って木を伐ればいい。友人から田んぼを借り、田植えもしよう。仮設住宅には何があってもいかない―。
土地に根ざし、土地に生きる人々の行く末をおもう彼の強さと優しさは、少しずつ周囲を動かし、生きることの本質を問いかけていく。忍び寄る病魔、耐えがたい腰の痛み、遅々として進まない市の復興計画……。数々の障壁を乗り越えて、77歳の彼は夢をかなえることができるのか―。
(公式サイトより)

200_20240201180919119.jpg

池谷 薫 
『先祖になる』上映後にトークを予定しております。
映画監督、ドキュメンタリー作家、甲南女子大学文学部メディア表現学科教授
プロフィール:1958年東京生れ。同志社大学卒業後、数々のテレビ・ドキュメンタリーを演出する。
映画監督デビュー作「延安の娘」(2002年)は文化大革命に翻弄された父娘の再会を描き、ベルリン国際映画祭をはじめ、世界各国で賞賛され、カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭最優秀ドキュメンタリー映画賞、ワン・ワールド国際人権映画祭ヴァーツラフ・ハベル特別賞ほか多数受賞。2作目の「蟻の兵隊」では、日本軍将兵の山西省残留問題に初めてスポットライトを当て、封切前から話題となり、ドキュメンタリーとしては記録的なロングランヒットとなった。3作目の本作『先祖になる』(2012年)は、東日本大震災で息子を失った木こりの老人がたぐいまれな人間力で自宅を再建するまでを追い、ベルリン国際映画祭エキュメニカル賞特別賞、香港国際映画祭ファイアーバード賞(グランプリ)、文化庁映画賞大賞、日本カトリック映画賞を受賞。4作目の『ルンタ』(2015年)では非暴力の闘いに込められたチベット人の心を描いた。

159209680_3767925946621576_7082647467721174087_n.jpg
2013年3月9日「先祖になる」シネマリーン上映の様子



お問合せ:みやこ映画生活協同組合
TEL0193-64-5588 FAX0193-65-7150
E-mail:cinemarine@yahoo.co.jp
[2024/02/01 18:13] | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |