FC2ブログ
岩泉町巡回上映会
NPO法人岩泉地域活動推進センター自主事業
「男はつらいよ」岩泉町巡回上映会

主催:NPO法人 岩泉地域活動推進センター(通称:NPOぱぁとなぁ)
上映担当:シネマリーン/みやこ映画生協


NPOぱぁとなぁさんより上映依頼されました、岩泉町内での巡回上映会に行ってきました。
2日で4カ所、日本一広い「町」岩泉町を縦横断して上映会を行うこの企画、この時期は路面状況が心配で移動に時間がかかるかと思っていましたが、道路に雪はほとんどなく心配なかったです。


■2012年2月20日(月)

10:00~「男はつらいよ(1作目)」大川基幹集落センター

ookawa001.jpg

ookawa002.jpg

ookawa003.jpg

初日の1回目は大川での上映、押角峠が心配で小本~岩泉と回って1時間半で来ましたが、別働隊は押角を越えて1時間で到着との事…。心配しすぎでした。
大川のセンターには立派なスクリーンや暗幕もあり準備も楽でした。15名での鑑賞となりました。


14:30~「男はつらいよ 柴又慕情」小川生活改善センター

kogawa001.jpg

kogawa002.jpg

kogawa003.jpg

kogawa004.jpg

大川上映会を終えて撤収し、途中で昼食をとり小川へ到着。
こちらも立派なスクリーンと遮光カーテンがあり、準備も簡単にできました。こちらは30名での鑑賞となりました。




■2012年2月21日(火)

10:00~「男はつらいよ 寅次郎相合い傘」安家生活改善センター

akka001.jpg

akka002.jpg

akka003.jpg

2日目の上映は安家からのスタート。
ここは以前、安家大根の種取りに来た施設でした、安家は個人的にも縁がある地域で私の事を知っている、おばあちゃんたちにお会いできて嬉しかったです。
この施設にもスクリーンは設置されてはいるのですが100インチぐらいの小さいタイプだったので、持参しているこちらのスクリーンを設置しました。暗幕も無かったので昨日より準備にかかりました。
13人での鑑賞となりました。


14:30~「男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け」有芸総合センター

ugei001.jpg

ugei002.jpg

ugei003.jpg

安家撤収後、1時間かけて有芸に来ました。やっぱり岩泉は広いな~
こちらも暗幕とスクリーンの準備がありましたが、余裕を持って準備できました。
昼飯を買い忘れ、近くの商店でカップラーメン昼食となりました。
有芸地区は戸数も少なく、どのぐらい来てくれるのかと一番心配していましたが
予想を超える15人での鑑賞となりました。

2日間ともに会場は笑いにつつまれ、久しぶりの映画を楽しんでもらえました。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮古情報へ

[2012/02/21 21:34] | 巡回上映会活動・支援上映活動 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
巡回上映会 宮古市田老 樫内仮設団地談話室
巡回上映会 宮古市 田老樫内仮設団地(35戸)談話室
2012年2月19日(日)
11:00~「こま撮り映画 こまねこ」
13:30~「男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け」

本日は田老地区樫内仮設での上映会。広島でお会いしお世話になった川崎市アートセンターの中野さんより「ふららいパンダ」でカステラ作りをするので、映画も是非!とお声をかけてかけていただき、では一緒にやりましょう!という事になりました。

kasinai000.jpg

田老といえばグリーンピアが宮古市でも最大規模の仮設団地でイベントなども多いのですが、樫内団地はイベントなども少ないとの事で、今回のイベント会場となりました。
樫内は旧サンオーエンリゾート内にあり、太平洋が一望できます。

kasinai003.jpg

上映会の準備とふらいパンダの準備を平行作業。ふらいぱんだでは、ジャンボカステラ作り、芋煮、カレーうどん、お茶類のお振る舞い。
遠野まごころネットさん、川井キャンプさんからも多くのボランティアさんが集まってくれました。

kasinai001.jpg

談話室内では上映会準備。昨日「Cinema with Us」上映会に来ていただいておりました、山形国際ドキュメンタリー映画祭の皆様が手伝ってくれました。
朝一での作業なのでスクリーンが冷え冷えですぐは張れないため温めている状況です。


kasinai002.jpg

円陣を組んでミーティング…のように見えますが、子ども達へのプレゼントとして持っていったドラえもんのオモチャにみんな感心して(遊んでる)る絵です(笑)

kasinai006.jpg

kasinai005.jpg

外では、ジャンボカステラ作りが始まりました。大人も子供も楽しく生地を混ぜ混ぜ。

kasinai004.jpg

こちらは日本酒で宴会?ではなく、芋煮チームが楽しそうにコンニャクちぎってます。

kasinai009.jpg

kasinai010.jpg

kasinai011.jpg

生地もできて、焼き方スタート。
焼き上がりの間に「こま撮り映画 こまねこ」上映です。子供メインの予定でしたが、子供は3人のみで年齢層が高い上映となりました。
23名での鑑賞となりました。カステラ作りでは人見知りだった男の子も映画では、元気に楽しんでいました。


kasinai013.jpg

ジャンボカステラ完成!

kasinai015.jpg

みんなで美味しくいただきました。カステラも芋煮も大好評でした。

kasinai016.jpg

午後からは「男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け」の上映。
早い時間から集まってきてくれました。12人での鑑賞となりました。

kasinai017.jpg

kasinai018.jpg

談話室は笑いにつつまれ、映画も最後まで楽しんでいただきました。
「楽しい1日でした、ありがとう」とお声をかけてもらいました。


共催:ふらいパンダ、シネマエール東北、コミュニティシネマセンター
協力:東和プロモーション、山形県映画センター、松竹
遠野まごころネット、川井キャンプ


img20110519071635755.jpg
http://cinema-yell-tohoku.com/

一般社団法人コミュニティシネマセンター
東日本映画上映協議会


-協力-
NPO法人ジャパン・フィルム・コミッション
岩手県興行生活衛生同業者組合

-特別協力-
第24回東京国際映画祭

-助成-
芸術文化振興基金
赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート募金」

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮古情報へ

[2012/02/19 18:27] | 巡回上映会活動・支援上映活動 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「ともにある Cinema with Us」山田町上映会
東日本大震災復興支援上映プロジェクトin岩手 Part1
「ともにある Cinema with Us」山田町上映会

2012年2月18日(土)山田町中央公民館2F小ホール

13:30-14:30
『なにゃどやら ―陸中・小子内の盆唄―』監督:平田潤子/60分

14:40-15:40
『フレーフレー山田 ―忘れないための映像記録―』監督:御木茂則/45分

15:50-17:05
『3.11 A Sense of Home Films』75分

主催:山形国際ドキュメンタリー映画祭

cwu001.jpg

cwu002.jpg

スクリーンや音響設備はホール既存設備を利用です。準備を終えてテスト試写

cwu003.jpg

今回はM.A.Dの金野さんが手伝いに来てくれました。

cwu004.jpg

巡回上映会などシネマリーンへの支援をいただいている、奥江さんも宮古に来ていたとの事で寄ってくれました。

cwu005.jpg

広報に大きく載せてもらっていましたが、どこまで情報が届いているか?果たしてどのぐらい来てくれるのか?と心配していましたが、続々と集まってくれまして、なんと70人の来場者となりました。

cwu006.jpg

cwu007.jpg

上映前には山形国際ドキュメンタリー映画祭の高橋事務局長の挨拶と作品説明

cwu008.jpg

cwu009.jpg

そして、今回は「フレーフレー山田」の御木監督が来場し、挨拶をしていただきました。

cwu010.jpg

1回目の上映最後に音が途切れるというアクシデントがありましたが、まずは大成功!ということで記念撮影。
沢山の人達に観に来てもらえて良かったです。
「フレーフレー山田」ではハンカチで涙を拭う方も多かったです、当時の地元の様子も映し出され、応援団からの熱い声援にみんな感動していただいたようです。


岩手県上映担当:シネマリーン/みやこ映画生協
後援:宮古市、宮古市教育委員会、山田町、山田町教育委員会
協力:宮古災害復興支援活動チーム M.A.D


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮古情報へ

[2012/02/18 18:45] | 巡回上映会活動・支援上映活動 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
上映時間案内 2/18(土)~3/2(金)
上映時間案内 2/18(土)~3/2(金)

always1201_01.jpg
全国同時ロードショー!
【ALWAYS 三丁目の夕日'64】2D (2h25)※終了日未定
①13:15 ②15:50 ③18:30
http://www.always3.jp/

AKZLIr3c.jpeg
【仮面ライダー フォーゼ&オーズ】 (1h40)※3/9終了
http://www.fourze-ooo.jp/
2/18(土)→①9:30 ②11:20
2/19(日)~3/2(金)→①9:30(土日のみ) ②11:20 ③16:00

img_775116_30160891_0.jpg
【聯合艦隊司令長官 山本五十六】 (2h20)※3/9終了
http://isoroku.jp/
2/18(土)→①18:20
2/19(日)~3/2(金)→①10:40 ②13:20 ③18:20



★3/3(土)~【ドラえもん のび太と奇跡の島】特典付き前売券発売中!
☆3/10(土)~【はやぶさ 遙かなる帰還】
★3/10(土)~【けいおん】
☆3/17(土)~【イナズマイレブンGO】
★4/7(土)~【エンディングノート】

■□■□シネマリーンからのお知らせ■□■□
☆今回の震災で組合員証を無くされた方は無料で再発行いたします窓口でお手続き下さい。
 ※HALクラブ会員証は再発行はできかねますのでご了承下さい。
☆節電のためロビーの照明器具等を消灯しておりますので、ご理解下さい。




2/18(土)1日だけの特別プログラム
東日本大震災復興支援上映プロジェクトin岩手
Cinema with Us
ともにある



320.jpg

2/18(土) 宮古市 シネマリーン1
10:40~12:31【相馬看花-第一部 奪われた土地の記憶-】
12:45~14:00【3.11 A Sence of Home Films】
14:15~16:50【なみのおと】
17:00~18:00【フレーフレー山田-忘れないための映像記録-】

入場無料!



★作品紹介★

『3.11 A Sense of Home Films』なら国際映画祭製作
河瀬直美監督の呼びかけに応えた世界の20人が3分11秒で描く“A Sense of Home”。
参加監督:ビクトル・エリセ、アピチャッポン・ウィーラセタクン、賈樟柯(ジャ・ジャンクー)、桃井かおり ほか。

『なみのおと』
監督:濱口竜介、酒井耕/日本/2011/日本語/156分
「今回我々が写した“語り”とは、直裁的な津波の記録映像が“現象の連鎖”であるのに対して、その脅威のなかで人間が何を考え、何を決断したか、そしてその結果はどうなったのかを映し出す“口承記録”です。」

『相馬看花 第一部 江井部落』
監督:松林要樹/日本/2011/日本語/111分
「原発事故によって奪われた土地の記憶。人がいない無人の時が続けば、文化だけでなく土地の言葉も失われる。その前に、私は何としてもこの惨状を記録しなければと思ったから映画にした。」

『フレーフレー山田 ―忘れないための映像記録―』
監督:御木茂則/日本/2011/日本語/45分
法政大学応援部の被災地山田町での活動記録。『フレーフレー山田』(20分)、『団員たちの思い』(10分)、『山田の夏(仮題)』(15分)の3部構成。

公式サイト TIDFF:ともにある Cienma with Us
http://www.yidff.jp/2011/program/11p8.html



お問い合せ:岩手上映担当 シネマリーンTEL0193-64-5588
E-mail:cinemarine@yahoo.co.jp

主催:山形国際ドキュメンタリー映画祭
共催:シネマリーン/みやこ映画生活協同組合(岩手上映担当)
後援:宮古市、宮古市教育委員会、山田町、山田町教育委員会
助成:芸術文化振興基金、企業メセナ協議会GB Fund



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮古情報へ
にほんブログ村
[2012/02/13 20:55] | 上映時間案内 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
巡回上映会 釜石市鵜住居サポートセンター
巡回上映会 釜石市 鵜住居サポートセンター(199戸)ホール
2012年2月11日(土)
10:00~「ALWAYS 三丁目の夕日」
13:30~「男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け」

unosumai001.jpg

ここはA仮設~D仮設まで大小の仮設が集まっている団地です。
今回は一番大きなD仮設に隣接しているサポートセンターでの上映会となります。

最後まで上映会の手伝いしてくれるボランティアさんを見つけられず…
一人での作業となりました。いつもの準備時間より1時間早めに向かって
準備しましたが、やはり一人ではかなり時間がかなりますね…
搬入もさることながら、スクリーンが寒くて伸びず、張るのにかなり大変でした(-_-;)


unosumai002.jpg

釜石出身で支援活動をバックアップしてくれている真岩さんを通じて
観音山フルーツガーデン http://kannonyama.com/さんより、蜜柑の支援をいだだきました。
責任をもって、サポートセンターに届けまして、皆さんに喜んで食べて頂きました!
ありがとうございました。

unosumai003.jpg

準備もでき、続々と集まって来ました。

unosumai004.jpg

unosumai005.jpg

上映開始。午前中の上映は16人、午後は10人での鑑賞となりました。
仮設の規模にしては来場者が少なかったのですが、何でも2月下旬~3月になると一周忌がかなり混み合うとの事で、今日やってる方が多いそうです。(釜石のボランティアさんもそれで手伝えないとの事でした)

上映終わっても会場の熱気も覚めず、みなさん「良かった良かった」といって
すぐ席を立つ方もいなく、そこでまたちょっと映画の解説をさせていただきました。
「本当に良かった、心が温かくなりました」「ありがとうまた来て欲しい」と皆さんに感謝の言葉をもらい、一人で準備で大変でしたが、そんな苦労も一瞬で吹っ飛びました!
あと一人いた元気がお母さんから「あんちゃんこれ!」とチオビタドリンクを頂きました、感謝ですm(_ _)m

最後にサポートセンターの方がアンケートを取ってくれまして
続きの「ALWAYS 続・三丁目の夕日」が観たいという方が多かったです
是非また来たいと思います。


共催:シネマエール東北、コミュニティシネマセンター
協力:東宝、松竹、鵜住居サポートセンター



img20110519071635755.jpg
http://cinema-yell-tohoku.com/

一般社団法人コミュニティシネマセンター
東日本映画上映協議会


-協力-
NPO法人ジャパン・フィルム・コミッション
岩手県興行生活衛生同業者組合

-特別協力-
第24回東京国際映画祭

-助成-
芸術文化振興基金
赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート募金」

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮古情報へ



[2012/02/11 19:10] | 巡回上映会活動・支援上映活動 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>